台中【彩虹眷村】はカラフルで一度は見たい虹の村!アクセス・行き方もご紹介

台湾の台中市には「彩虹眷村」、通称「虹の村」と呼ばれる場所があります。一度目にすれば、その名前の意味が分かる、まさに虹のような様々な色彩にあふれたカラフルな村。最近では日本のガイドブックやテレビでも取り上げられているようで、SNSにも毎日のように誰かしらが写真をアップしています。
台湾観光の一環に訪れてみようかと考えている方もいらっしゃるのでは?今回はそんな「彩虹眷村」の様子や行き方・アクセスなどをご紹介します!

スポンサーリンク

台湾台中市にある「虹の村」とは?

台湾中部台中市にある「彩虹眷村」は、もともと中国の国共内戦で国民党として共産党軍と戦った退役軍人の方々と家族が住んでいる場所。「眷村」がそのような軍人の方の村を意味するので、そう呼ばれる場所は台湾の他の場所にもいくつもあります。

しかしこの村も建物なども老朽化し、住んでいない家も出てきたことなどから、この場所は取り壊して再開発しようという動きがありました。

そんな時、この村に住む一人のおじいちゃんが、村の家の壁などに絵を描きはじめたのです。その絵はどんどん広がっていき、やがて村一面におじいちゃんのカラフルな絵が!それが噂を呼び、人が見物に来るようになり、観光地になり、ついには再開発の話もなくなったそうです!すごい!
今では、村の隣に駐車場やトイレなどもばっちり整備してある、台中有数の観光スポットにまでなりました。

「彩虹眷村」にはどんな絵が描いてあるの?

絵をかいているおじいちゃんは、特に何か絵を習ったことがあるわけではないそうです。でもとても個性的で、味がある絵ばかり!カラフルな色使いで、人や動物などがポップにキュートに描かれています。まさに虹の村ですね。「平安」など、縁起がいい言葉なども。壁のみならず地面まで!!

象ですかね?この色使い、いいなーと思います。このキャラクター、NHKとかに出てきそう!



こ、これはもしや、超有名な猫型ロボットの・・・!

これはアメリカで活躍中のバスケットボールプレイヤーの林書豪

本当に家の壁一面に絵が描かれてます。あんな高い所、どうやって描いたんでしょう!?脚立ですかね?すごすぎる!

優しさにあふれた絵も沢山な「彩虹眷村」

「彩虹眷村」の絵たちは、おじいちゃんの人柄を表すように、どこか温かい優しさにあふれています。

この「永結同心」「百年好合」は、台湾の結婚式でよく使われるおめでたい言葉。ずっと一緒に、という意味ですね。この前でカップルや夫婦でぜひ一枚写真を撮りたいところ。

「天生一對」。私もこの絵でこの言葉を知りました。「生まれながらの一対」という意味だそう。ロマンティックですねー。これは樹の妖精かな??

「彩虹眷村」を一人で描いたおじいちゃん!

こちらが、先ほどから出てきた、この台中の「彩虹眷村」の絵を全て一人でかき上げた黄永阜さんです。御年90歳を越えています!おじいちゃんが絵をかきはじめたのは2008年からだそうなので、なんと80歳を過ぎてからこの絵を描き始めたということですね!!ものすごいアクティブ!

しかも驚きなのは、おじいちゃんの創作活動はまだ終わっていないということ。
インスピレーションが湧いたら早朝から絵筆を持って絵を描き始めます。
しかも、前あった絵の上に新しい絵を描いていくので、何回も訪問すると前と違う景色になっているのです。

売店の所で運がよければお会いすることができます。写真を撮ってもいいですか?というと、おちゃめにポーズもとってくれます。
とても気さくな方なんですね。

「彩虹眷村」の売店の人気お土産たち。マスキングテープは必見!

「彩虹眷村」の路地を進んでいくと、中にはお土産を売っている売店が。こちらでは、おじいちゃんが描いた絵をもとにポストカードやTシャツ、傘など個性的な商品が沢山!可愛らしいキャラクターが沢山います。

そして注目なのは、このマスキングテープ!!!可愛すぎてびっくりです。台湾にもたくさんのマスキングテープがありますが、こんなにビビットなカラーと絵柄のものはないですね。

こちらは売店で売っている虹色アイスクリーム。暑い時にはぴったりの美味しさです。

台中「彩虹眷村」へのアクセス・行き方は?

彩虹眷村のある台中市は台北市のようにMRTの整備がされていませんので、各観光地への主なアクセスはタクシーか、バスになります。それでは具体的な行き方を見ていきましょう。

タクシーを使う場合

タクシーならホテルからでも、別の観光地からでも向かえるのでとても便利ですね。

台湾鉄路(在来線)台中駅から「彩虹眷村」は約30分で料金は約300-380元
台湾高速鉄路(新幹線)台中駅から「彩虹眷村」は約10分で料金は約130-160元

です。

バスなど公共交通を使う場合

台中はバスがとても発達しています。2017年4月現在台中市内で8km以内なら、悠遊卡(EasyCard)などの指定ICカードを使えばなんと無料でバスは乗れるんですよ!
悠遊卡(EasyCard)についてはこちらから

台湾高速鉄路(新幹線)台中駅から「彩虹眷村」は、最寄バス停の「彩虹眷村(嶺東南路)」まで617番バスで約10分

台湾鉄路(在来線)台中駅から「彩虹眷村」はバスのみだと少々遠回りになるので、電車で台中駅から「烏日駅」(新幹線台中駅に直結)に行って上の617番に乗るか、「大慶駅」に行って99番バスに乗って最寄の「彩虹眷村(嶺東南路)」までです。待つ時間などで変動ありますが、30分~50分くらいです。電車はどちらも15元です。

台湾台中「彩虹眷村」はとってもカラフルで元気が出る!

今回は台湾台中市のカラフルで元気が出る「彩虹眷村」をご紹介しました。

一つ注意なのは、こちらは観光地にはなっていますが、今でも黄おじいちゃんをはじめ、人が居住しています。あまり騒ぎ立てたりしないようにしましょう。特に台湾人は昼寝の習慣がありますので、お昼ご飯後の12時から14時くらいの間は参観するとしても静かにするよう心がけたいところです。

Hotels.comでお得な台中のホテルを探す

スポンサーリンク