台湾火鍋のおすすめ人気店「鼎王」にクーポン予約で行ってみた!

皆さんこんにちは!鶴長あきです。
台湾には美味しい食べ物が沢山ありますが、実は台湾人は「鍋」が大好きだって知っていましたか?日本人だと「鍋」というと家族や友達と大きな鍋を囲んで冬にワイワイ♪のイメージだと思いますが(主婦にとっては冷蔵庫の残り物を一掃する機会でもあったり・・・私だけですかね。笑)、台湾では一年中鍋を食べます!
冬の方がもちろん人気ですが、あの暑い暑い台湾の夏でもクーラーの効いた室内で熱い鍋をふーふー食べています。そして街には「鍋」専門のレストランも沢山!台湾の鍋は、リーズナブルな具材のものを一人ぶんから食べたりテイクアウトできたりが当たり前。鍋レストランでも、テーブルの自分の目の前のIHに小さな一人ぶんの鍋を載せて家族でも別の味の鍋を食べるタイプのお店も多いのです。不思議ですね!

そんな台湾で日本人に人気の鍋がずばり「火鍋」真っ赤っ赤の辛いスープで具材を煮て食べるあれです。ちなみに台湾で漢字で「火鍋(フォーゴゥオ)」と書くと鍋料理全般を指します。辛くない鍋でも全部「火鍋(フォーゴゥオ)」と言うのでちょっと注意が必要。台湾でいわゆるあの辛いイメージの鍋は「麻辣(マーラー)鍋」と呼ばれています。

スポンサーリンク

台湾火鍋の名店「鼎王(ディンワン)」


さて、今回私が「火鍋」を食べに言ったのは、台湾火鍋の老舗名店「鼎王(ディンワン)」です。「鼎王(ディンワン)」はもともと夜市の屋台から始まったお店。それが人気が爆発し、店舗をもつようになり、あれよあれよと今では台湾に9店舗を持つ高級鍋料理店へと成長しました。

今回は 台湾の旅行会社KKdayさんの「鼎王(ディンワン)おしどりなべ2名セット」のクーポン を利用して初めて食べに行ってみましたのでどんな感じだったかレポートしていきます!

いざ「鼎王」の店舗へ!広い店内は高級感あふれる中華風のつくり

まずはクーポンをゲットするのですが、詳しい方法はまた後ほど!
KKdayのクーポンでは、日時や希望店舗なども一緒に予約できます。
さて、準備ができたら予約の時間に合わせて店舗へ行きます。
入り口を入った所にいる店員さんに、KKdayから届いたメールのQRコードを読み取ってもらい、席に案内してもらいます。


店内は天井も高くて広々としています。装飾は中華風で高級感があります。どうせ台湾に来たのですから、中華の雰囲気を楽しみながら食事もしたいですよね。


席に案内されます。席には真ん中に鍋を置くコンロが設置。火加減も調節可能。
メニューも渡されます。基本的にKKdayのクーポンはすでにメニューが決められているので別にオーダーする必要はないのですが(便利!)、もし追加注文したい場合はメニューを見つつ。ただし後からも紹介しますが、クーポン内の食材のみで恐らくお腹いっぱいになると思うので追加は後から様子見ながらをおすすめします^^;

今回はいわゆる「火鍋」である「麻辣」と、酸味のある「酸菜白肉」二種類のスープが一度に楽しめる「鴛鴦(おしどり)鍋」
このそれぞれの辛さと酸っぱさのレベルを最初に店員さんに聞かれます。普通の日本人でしたら「小辣(シャオラー)」「小酸(シャオスヮン)」でじゅうぶんだと思います。辛い料理は特に苦手ではない私で、「小辣」は「おおー。結構辛い!」とハフハフするレベルでした。(辛いのが全然ダメなうちの主人は最初からギブ。笑)本当に辛ーーーいのをお求めの方は「大辣(ダーラー)」にぜひ挑戦してみてください。

「火鍋」とご対面!スープは常に足されていきます


台湾の他のレストラン同様、お冷やではなく、運ばれてきたのは・・・鉄瓶?結構重さがありました。温かいお茶でこれは無料です。無糖なのですが、ほのかに桃の香りがするお茶。その日によって色々な種類のお茶が出されるようです。


火鍋が運ばれてきました!「麻辣」の方は真っ赤っ赤!スープにはもともと豆腐と鴨血(日本人にはなじみがないですが、ぷるぷるの固体状の食べ物です)がたっぷりと入っています。「酸菜白肉」の方には台湾の漬物のような酸っぱい白菜とだし用の豚肉などが入っています。いい匂い!鍋を食べ進めていくとこのスープは中の豆腐や鴨血、白菜などごと常に店員さんが継ぎ足してくれます。



お店の中にはセルフでお代わり自由の白ご飯(無料)のコーナー、つけダレのコーナーがあります。

鍋の具材はたっぷり!二人分で余るほど

そして鍋の具材が次々に運ばれてきます。今回利用したKKdayさんのクーポンは最初から鍋の具材が決まっているので、注文に手間取ることもなくとても楽でした。2名セットの内容をご紹介していきますね。


まずは牛肉。上カルビです。


そして豚肩ロース


餃子の盛り合わせ。台湾の鍋具材の定番です。肉や海鮮が入っています。


特製豚つくね。個人的にはこれが美味しかった!


野菜の盛り合わせ。カボチャやキャベツ、トウモロコシなど。


生湯葉


中華揚げパン。スープを吸って美味しい。


クコの実と菊のお茶。冷たくて甘いお茶。日本ではなかなか見ないお茶ですね。辛い火鍋のあとに口の中をクールダウンしてくれます。


じゃーん。全部そろうとこんな感じ。これで二人分です。たっぷりありますね!

火鍋は本当に美味しい!辛いスープも味わい深い


早速具材を鍋に入れていただきます!「麻辣」のスープに最初から入っている豆腐。スープが染みてとても美味しく仕上がっています。こちら「鼎王」の「麻辣」スープは無水調理で野菜や果物・数十種のスパイスなどをじっくり煮込んで作られているそうで、とても味わい深かったです!かなり辛いのですが、それでもこのスープだけ飲んでも本当に美味しいと思える納得の味でした。


肉や野菜などをどんどん入れて煮込んでいきます。辛い!辛いけど美味しい!
「鼎王」は個別鍋でなく、一つのテーブルに一つの鍋の方式なので、家族や友人とわいわいやりながら食べるのにぴったり!


こちらは「酸菜白肉」。スープにもともと入っている白菜の漬物も美味しいです。中には太めの春雨も入っていてスープだけでもボリュームたっぷり。「麻辣」と交互に食べつつで全く飽きませんでした。やはり二種類のスープが食べられるのはいいですね。


これがセルフで持ってくるつけダレ。酢醤油系と豆乳味噌だれ系。個人的にはタレをつけずにスープの味をそのままが好みでした^^

食後に食べきれなかったぶんは持ち帰り可能


主人と二人で頑張って食べましたが、全部は食べきれず。
食事時間は90分なのですが、その時間が来る前に店員さんが鍋(の中身)を持ち帰るかどうか聞きにきてくれます。いらない場合は「不用打包(ブヨンダーバオ)」と言えばいいでしょう。持ち帰る場合はまだ煮ていない材料があった場合は全部鍋に入れておきます。そして時間になると店員さんが鍋を下げて持ち帰り用にしてくれます。


じゃーん。ものすごい大きさになりました!!太っ腹ですね!スープも新たに足してくれています。台湾に住んでいる人や長期で滞在の方はいいですが、短期観光の方は食べきれなそうな量ですね。。。
飲みきれなかったお茶も持ち帰り用の容器に入れてくれました。

最後、レジの所に伝票を持って行きます。もし追加注文などがあればこの時にお会計。ちなみに持ち帰り用の大きな袋は2元なので、それもこの時に払います。

大きくなったお腹を抱えて大満足の火鍋でした!!!

日本語対応HPでクーポンをゲット!台北や台中・高雄店など

さてそれでは、クーポンの手に入れ方です。
まずはKKdayさんのHPにアクセスします。アカウントはメールアドレスと任意のパスワードだけで簡単に作れます。そして台湾の会社なのですが、HPは日本語に対応しているので全く問題なし!


ここで「希望日」「2・4・6名セットのどれか」「開始時間」を選択、右の「予約する」を押すと次に上の画面のような「申込者情報」「旅客者情報」を記入する欄がありますが、この旅客者情報の「記入欄」のところに「希望店舗」を書く必要があります。

2019年3月現在「鼎王」は台湾全土に9店舗。台北・台中・高雄などの9店舗の中から選べます!

【台北光復店】台北市光復北路89号
【台北長安店】台北市中山区長安東路二段131-1号
【桃園南平店】桃園市南平路296号
【竹北光明店】新竹県竹北市光明一路93号
【台中精誠店】台中市西屯区精誠路12号
【台中公益店】台中市南屯区公益路2段42号
【台中漢口店】台中市北区漢口路4段385号
【高雄富国店】高雄市左営区明華一路191号
【高雄七賢店】高雄市新興区七賢二路16号

予約完了ののち数日でQRコード付きのメールが送られてきます。お店ではこのQRコードを見せて読み取ってもらうだけでOK!印刷する必要もなく、スマホの画面で大丈夫です。
希望日から一週間くらい前の予約が必要のようですね。

自分で注文する手間もいらないし、席の予約もできるので、中国語ができなくても大丈夫!こちらとってもおすすめです♪

また台北にある「鼎王」系列の「無老鍋」の火鍋も日本人に人気ですね!こちらもクーポンをゲットしてからぜひ行ってみて下さい↓
【台湾名物・人気火鍋店】台北・無老鍋:お食事チケット2名/4名/6名セット

ちなみに2019年4月15日までの申し込みで夏旅まで使える10%クーポンを現在ご提供いただいているので、そちらもぜひどうぞ!↓
2019年台湾現地ツアー(KKday)で使えるお得な10%オフクーポンを限定配布中!

台湾新幹線を割引クーポンでお得に!安く20%引きの切符で乗る方法!

スポンサーリンク