桃園空港MRTのお得な切符が新発売!台北MRT乗り放題切符とのセット

台湾桃園国際空港から台北まで延びるMRTが正式に開業して、まもなく半年。台北までの移動がとても楽になりましたね。今回2017年8月10日より空港から台北駅までの往復切符と、台北MRT内が乗り放題がセットになったお得な切符が発売されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

台湾桃園国際空港から台北への往復と台北MRT乗り放題でお得な切符

今回発売された切符の内容は

1、桃園MRT空港線「往復切符」+台北MRT48時間「乗り放題切符」のセット

2、桃園MRT空港線「往復切符」+台北MRT72時間「乗り放題切符」のセット

です。

あとからまた解説しますが、48時間などの数え方は台北MRTに「乗り放題切符」を使って初めて乗る時から(「往復切符」を使ったときではなく)なので、旅行自体は三泊四日や四泊五日でも48時間のものを選んでも大丈夫です。

桃園MRTお得なセット切符の価格は?

今回こちらのセット切符は、

往復+48時間の方が520元

往復+72時間の方が600元

で発売されています。

セット切符の販売場所は?

現在こちらのセット切符は5箇所で販売されています。

桃園MRT 台北駅
桃園MRT 空港第一ターミナル駅
桃園MRT 空港第ニターミナル駅 の各窓口
桃園国際空港第一・第ニターミナルの預け荷物受け取って出口をでたすぐにある
「桃園機場捷運服務」カウンター です。

空港のMRTの駅でも大きく宣伝しているのでわかりやすいと思います。

桃園MRTの切符はどこで乗り降りしてもいいの?

こちらの桃園空港往復切符は、往復切符とはなっていますが、実際は桃園MRTを二回乗り降りできるというもの。
なので、行きは「桃園空港第一ターミナル→台北」、帰りは「三重→桃園空港第ニターミナル」という乗り方もできます。

台北MRTの48時間、72時間乗り放題っていつからいつまで?

台北MRTの48時間・72時間の時間の数え方は、「乗り放題切符」を初めて改札にピッとタッチして使用し始めたときからです。
この間は、台北MRT内なら何度乗り降りしてもOKです。

未使用の払い戻しは?

未使用のこのセット切符は、20元の手数料を払えば販売と同じ場所で払い戻しが可能です。
なくした場合は再発行はありません。

何がお得なの?どれくらい得なの?

得だ得だといっても、何が得なのかよくわからないとなんですよね。
まず、普通桃園国際空港から台北まで行った場合、運賃は往復で320元かかります。
そして台北MRTでは個別に48時間乗り放題切符、72時間乗り放題切符を発売していますが、それぞれ280元、380元します。
ですのでセットで買った場合、(320+280)-520=80元、(320+380)-600=100元

セット切符を買うと、普通に桃園MRTのぶんと乗り放題切符を買うよりは200円以上お得なんですね。

そこから更に、乗り放題で沢山MRTに乗ったぶん、普通運賃の差額が得になっていきます。

ただし、乗り放題切符を買った方がいいかどうかは、もちろんどれくらいMRTに乗るかによります。
一回二回しか乗らないなら、当然乗り放題にしなくてもいいですよね。

台北MRTの運賃はこちらから検索できます↓
台北MRT運賃および所要時間

ちなみに台北→龍山寺は片道20元、台北→淡水は片道30元などです。

なので、台北MRTにがっつり乗って、一日に何箇所も観光するぞ!!という方にはいいでしょうね。

2017年10月31日までは各種クーポンつき

今なら、10月31日まで数量限定で、マンゴーカキ氷で有名な「アイスモンスター」や、台湾料理の「高記」などのクーポンもついてきます。

台北MRTに乗るなら悠遊卡もお得!

その他、MRT料金がお得になる代表格といえば悠遊卡(easy card)!!
購入に100元かかりますが、台北MRTは2割引の運賃で乗ることができます。
バスなどでも使えて使用期限もありません。
桃園MRTのお得な切符もそうですが、自分の観光の予定を見つつ何を購入するか選べるといいですね。

悠遊卡(easy card)の買い方などはこちらから。桃園国際空港でも買えますよ!↓
悠遊卡(EasyCard)とは。桃園空港での買い方も!台湾地下鉄やバスに便利!

スポンサーリンク